故人を偲び送り出すために、葬儀について知る

故人とお別れをする葬儀を執り行う

選び方

葬儀を行う際には、葬儀社を選ぶ必要があります。医師から薦められる場合もありますが、そこが良い場所とは断言出来ないのでできるだけ自分で選ぶと良いでしょう。何件か目星をつけて見積もりを貰いましょう。

詳しく読む

種類について

葬儀には大きく分けて2種類存在します。一つは「一般葬」、もう一つは「家族葬」です。一般葬は参列者が多い一般的な葬儀のことをいいますが、家族葬は近い親戚のみでおこなう葬儀になっています。

詳しく読む

信頼できる担当者

葬儀の担当者はとても重要になってきます。そのために葬儀を選ぶ際には担当もしっかりと確認する必要があります。不明点に関してしっかり丁寧に答えてくれ、明確に料金を提示してくれる場所にしましょう。

詳しく読む

葬儀の後

葬儀が終わってからも親族はとても忙しい日々が続きます。例えば葬式の後遺品整理や、故人のカードや年金といった手続き、そして葬儀に参列シアタ参加者への香典返しなどやることがとてもたくさんあるのです。

詳しく読む

葬儀について

故人を偲ぶ

親しい人との別れはとても悲しいものです。しかし別れは急に訪れてしまいます。
急に訪れてしまった別れの際に慌ててしまうと、葬儀がスムーズに進まなくなりトラブルが起きてしまうことがあります。
そのような事が無いように葬儀について基本的なことは予め知っておくとよいでしょう。
大切な人との別れをしっかりと行うためには、事前に知識を知っておくことと、スムーズな準備が重要となってくるのです。
これに関しては葬儀に参加する方は勿論、葬儀を行う親族側にもいえることです。
親族側は葬儀の時とても忙しくなってしまいますので、慌てずに間違いが無いよう行動しましょう。

葬儀の基本

葬儀の基本を知っておくことは何よりも大事なことです。
まず葬儀にも様々な種類があることを知っておきましょう。
宗教によっても葬儀の内容や流れが違ってきますし、一般葬と呼ばれる葬儀だけではなく、最近では「家族葬」と呼ばれる葬儀を行う方も増えています。
一番適した葬儀を行い、故人との別れを行いましょう。
葬儀を行う際には葬儀社に葬儀を依頼する形になりますが、葬儀社選びもとても重要になってきます。
基本的に何件か葬儀社の候補を決め、見積をとって決めるようにしましょう。
葬儀社選びに失敗してしまうと、葬儀にかかる費用が予算よりも大幅にオーバーしてしまうことがあります。
そのようなことにならないようしっかりと注意しましょう。
何も問題なくスムーズに葬儀を進めるためにも、たくさん相談することができ、丁寧に答えてくれる葬儀社はよい場所が多いといわれています。