故人を偲び送り出すために、葬儀について知る

故人とお別れをする葬儀を執り行う

種類について

葬儀の種類

葬儀には種類が存在します。勿論宗教毎によっても違いますが宗教以外でも違いはあるのです。
主に2種類に分けることができるのですが、一つは「家族葬」、もう一つは「一般葬」です。
葬儀と聞いて一般的に思い出されるのは一般葬の方でしょう。これは故人の知り合いや親戚、仕事仲間といった方々が集まってくるのです。
一般葬は新堰側が準備に時間がかかってしまい、費用も掛かってしまうことが多いです。しかし参列者からの香典収入もあるので費用の不安は軽減することが可能です。
多くの方がくるので、最後に故人の思い出についてたくさん聞くことが出来るでしょう。
家族葬は簡単にいうと身内だけで行う葬儀のことを指します。
ゆっくりと故人との別れを過ごす事が可能です。
しかし参列者の参加がほとんどないといっても良いので葬儀に掛かる費用はほとんど親族側が負担する形となります。
どちらを選ぶかは故人の遺言によって決めるか、親族同士で話し合って決めるようにしましょう。

参列者と費用

家族葬にも一般葬にもそれぞれメリットがありますが、注意点も存在します。
家族葬の場合、本当に限られた身内で行うことになるので他の故人を慕っていた方々が葬儀に参加することができないというデメリットがあります。
そのために後で故人に別れのあいさつをしにくる方がいることもあります。また、葬儀に呼ばれなかった事により人間関係がギクシャクしてしまうこともあります。
そのようなトラブルが起こらない様にしましょう。
一般葬の場合には費用の管理をしっかりとしなければなりません。
参列者が多いので飲食や送迎など様々な費用が掛かります。
一つ一つしっかりと把握しなければ、いつの間にか費用が予算オーバーになってしまうこともよくあるのです。